本当に髪が生えるミノキシジルの正体

ミノキシジル

男性型脱毛症の治療薬(育毛剤)として米国皮膚科学会や国際毛髪外科学会が効果を認め、薄毛治療の診療第どらいんで強く勧めている育毛剤はミノキシジルだけです。

他の育毛剤については「十分な根拠がない」という評価にとどまっています。

薬品の取扱に厳しいアメリカ食品医薬品局FDAが薬品分類で唯一育毛剤と認定しているのも、ミノキシジル及びミノキシジルを使った商品のみです。

アメリカではロゲイン、日本ではリアップという商品名で発売されています。

ミノキシジルには血管拡張作用があり、長年、高血圧の治療薬として使われてきました。

ところが、服用すると髪の毛や手の甲の毛が太くなるという副作用があることがわかり、その後、育毛効果が正式に認められました。

血管が拡張する他に、毛を作る毛根細胞や毛乳頭を活性化し、薄毛を改善っする作用があると考えられています。

特に、女性のほうが男性よりも効果がえられやすい傾向があります。

アメリカの商品は男性用が5%溶液、女性用が2%溶液で日本では男性用が5%溶液、女性用が1%溶液となっています。

濃度が5倍濃いからといって5倍の発毛効果が得られるというわけではありません。

濃くなると逆にかぶれやすくなるデメリットがあります。

泡状のムース製品のロゲインフォームはプロピレングリコールを成分に含んでいないため、かぶれにくいです。

ロゲインフォームは女性が使っても効果がありますが、女性が5%溶液を使うと体毛も濃くなる場合があるので、女性には2%溶液が勧められています。

アメリカやヨーロッパでは、自毛植毛を行った後も植毛の効果を更に高めて脱毛の進行を予防することを目的としてミノキシジルの塗布とプロペシアの内服を併用する方法が一般的に推奨されています。

ただ、ミノキシジルで育毛効果が現れるまでに4〜6ヶ月かかり、その効果は薄毛の進行を遅らせたり抜け毛を減らして現状維持する程度で長年使っても髪の毛が濃くなる方はあまりいません。

更に、頭の中央部分や頭頂部に効きやすく、生え際部分には効きにくいことがわかっています。

また、ミノキシジルに限らず、すべての育毛剤に言えることですが、育毛剤の効果は一時的なもので、一生使い続けないと効果が持続しません。

使用をやめれば効果が消滅して半年前後で元の状態に戻ってしまいます。

ミノキシジルを使った育毛剤は比較的求めやすい価格です。

アメリカのドラッグストアやインターネットなどではかなり安く変えますので、継続して使う場合には便利で良いでしょう。

そのため、、アメリカでも日本でも人気が高いです。

しかし、いくら手頃な価格でも、一生分のコストを考えると、かなり高額になってしまうのは否めません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする